【ミノキシジルの使用・服用方法】外用薬の塗り方・内服薬の飲み方

薬を使う時は、使い方をきちんと守らなければなりません。
使い方は、安全にそして効果的に薬を使うために設定されているもの。
とくに効果的なものほど作用が強いため、安易に使ってしまうと健康被害をもたらしたり、効果を得られなかったりする可能性があります。

薬の効果を安全にそしてきちんと得るためにも、使い方をしっかりと確認して、それに沿って使うようにしましょう。

ミノキシジルは使用方法と服用方法がある!

ミノキシジルには、直接患部に塗る外用薬と、飲んで治療する内服薬の2種類があります。
使い方が違うからこそ、それぞれの使用方法・服用方法を確認しましょう。
使い方によって向き不向きがあるため、どちらを治療に選択するかのポイントにもなりますよ。

外用薬の使用方法は?

ミノキシジルの外用薬は種類が豊富にあります。
しかしどの薬も使用方法はほとんどおなじです。

【外用薬の使用方法】
・1日2回(朝・夜)患部に塗布
・基本的に1回の使用量は1ml
・次の使用までは12時間以上あける

外用薬は朝と夜の1日2回頭皮に塗ります。
1回あたりの使用量は1mlがおおよその目安です。
種類によってはもう少し多い場合もあるため、使用時にはきちんと確認をしましょう。
1回塗ると次を塗るまでに12時間以上間隔をあけなければならないため、午前7時に塗ったら午後7時に塗るというように、午前・午後おなじ時間に毎日塗るのがオススメです。

【外用薬の塗り方】
1.頭皮を清潔にする
2.液体1mlを手または頭皮に直接出す
3.頭皮をマッサージするように液体を塗りこむ
4.4時間以上洗い流さない

外用薬を塗るときは、まず頭皮を清潔にしなければいけません。
塗る前に頭皮を洗うようにしましょう。できればシャンプーもするとよりGOOD!
頭皮をきれいにしたら、液体を手または頭皮に出して、患部を中心に頭皮全体に広げていきます。
この時、指の腹で頭皮をマッサージするように塗りこんでいくと、頭皮の血行がよくなりより成分が吸収されやすくなります。

塗りこんだあとは洗い流さないでください。
洗い流したい場合は、4時間以上経過してから洗い流しましょう。
整髪料やセットスプレーを使う場合は、塗りこんだ外用薬が乾いてからおこないましょう。

内服薬の服用方法は?

ミノキシジルの内服薬も種類は豊富。
ですがどれも服用方法はおなじでとても簡単です。

【内服薬の服用方法】
・1日1錠を服用する
・1錠の摂取量は最大10mgまで
・服用タイミングはいつでもOK
・次の服用までは24時間以上あける内服薬は1日1錠を飲むだけ

1錠の最大摂取量は10mgであり、標準摂取量は5mgとなっています。
ミノキシジルは食事の影響を受けないため、服用するタイミングは決まっていません。
自分の都合のいい時間に飲むようにしましょう。
1つ気をつけたいのが、次の服用までは24時間以上あけること。
毎日おなじ時間に飲むと24時間あけられ、飲み忘れも防げます。

【内服薬の飲み方】
1.1錠を水またはぬるま湯で飲む
※2.5mgなら2錠

内服薬の飲み方はとても簡単で、1錠を飲むだけ。
たったこれだけを継続することで、ミノキシジルが効き、丈夫な髪をゲットできます。
※2.5mgの場合は2錠を服用します。

破るな危険!ミノキシジルの守るべき使い方&飲み方

危険!使い方・飲み方は守る

ミノキシジルの使用・服用は慣れればとても簡単なものです。
ですがそれゆえに守らなければならないことも。
これらを破ってしまうと、副作用が強く出てしまったり、場合によっては効果をまったく得られないなんてことになりかねません。
使い方や飲み方はきちんと守り、ミノキシジルでAGA治療をおこないましょう。

用法用量はきちんとを守る

ミノキシジルは外用薬・内服薬に関わらず、用法用量はきちんと守らなければなりません。
とくに内服薬は直接体内へとミノキシジルを取り込むため、用量を間違えてしまうと作用が強く出てしまい、副作用が重くなってしまう場合があります。

外用薬なら配合されている%、内服薬なら含有されているmgをきちんと自分にあったものを選び、用法用量に沿った量を使用・服用しましょう。

使用・服用は半年間続ける

ミノキシジルを有効成分に使ったリアップの臨床試験において、効き目が実感できるまでに早くて3ヵ月、基本的には6か月ほどかかるという結果が出ています。
そのため、外用薬・内服薬ともに、半年は使用・服用を続けましょう

1~2ヵ月目に効果を実感するのは難しいため、続けようという気力が削がれてしまいますが、そこは辛抱です。
それを超えると、徐々にではありますが効き目を実感できるようになっていきます!