【フィンペシア通販】新薬より激安購入が叶う!

現代の医療では、AGAを完治することはできず、ハゲたくない間はずっと治療を行わなければいけません。
そのためAGA治療は時間とお金がかかります。

そこで選択すべきはフィンペシア通販。
フィンペシアはプロペシアの6分の1ほどと格段に安く、通販で購入するからこそ激安購入が叶うんです。
お悩み宅急便では1箱(30錠入り)1,340円~購入できます!

セット内容 価格 1錠あたり
フィンペシア
【フィンペシア】
1mg×30錠 1,340円 44.6円
フィンペシアの効果 フィンペシアの副作用
フィンペシアの服用方法 フィンペシアの注意点

フィンペシアはプロペシアよりどれだけリーズナブル?

AGA治療にかかる費用を減らすために選ばれるプロペシアジェネリック。
フィンペシアはその中でも群を抜いて人気を得ている薬です。

プロペシアとフィンペシアではかかる1ヵ月の費用はどれだけ開きがあるのでしょうか。
病院から処方されるプロペシアと通販から購入できるプロぺシア、通販から購入するフィンペシアとで比較してみましょう。

病院のプロペシアは薬代と診察代を合わせて1ヵ月で約10,800円。
通販のプロペシアは薬代と送料を合わせて1ヵ月で8,730円。
通販のフィンペシアは薬代と送料を合わせて1ヵ月で2,340円。
プロぺシアより2錠多い1箱30錠入りですが、1箱の薬代は断然安い1,340円となっています。

病院処方のプロペシアより8,000円以上安く、おなじ通販から購入できるプリペシアより6,000円以上安い、通販から購入できるフィンペシアが選ばれるのには納得がいきます。

薬代 その他費用 合計
プロペシア
(病院)
約7,800円
(28錠)
診察代:約3,000円 約10,800円
プロペシア
(通販)
7,730円
(28錠)
送料:1,000円 8,730円
フィンペシア
(通販)
1,340円
(30錠)
送料:1,000円 2,340円

半年使ったらそんなに違う!?

フィンペシアを使った治療は、効果の有無に関係なく、とりあえず6ヵ月間の服用が必須。
フィナステリドの臨床試験の際に平均して6ヵ月ほどで効果のありなしが分かれたからです。

かならず6ヵ月間服用しなければならないため、確実に半年分の治療費が財布から出ていくのは否めません。
そこで、半年間にかかる治療費がどれほどになるのかを計算してみましょう。

病院からプロペシアを処方してもらう場合は、6ヵ月間で約64,800円がかかります。
通販からプロペシアを購入する場合は52,380円。
フィンペシアを通販から購入すると、半年で14,040円となります。
プロペシアでの治療と比べると4~5万円ほど安く購入できるのです。

プロペシア
(病院)
プロペシア
(通販)
フィンペシア
(通販)
1ヵ月目 約10,800円 8,730円 2,340円
2ヵ月目 約10,800円 8,730円 2,340円
3ヵ月目 約10,800円 8,730円 2,340円
4ヵ月目 約10,800円 8,730円 2,340円
5ヵ月目 約10,800円 8,730円 2,340円
6ヵ月目 約10,800円 8,730円 2,340円
半年でかかる費用 約64,800円 52,380円 14,040円
差額 約50,760円 38,340円

半年で4~5万円の差額となると、それ以降も治療を続けた場合、フィンペシアを選択した人とプロペシアを選択した人とでは、かかるコストの差額が大きくなっていきます。
長く付き合っていく薬だからこそ、フィンペシアを選んでコストを抑え、無理なく治療を続けていきましょう。

安心して購入できるサイトのフィンペシア価格

●1箱あたりの価格●

セット内容 価格 1錠あたり
お悩み宅急便 1mg×30錠 1,340円 44.6円
お薬なび 1mg×30錠 1,350円 45円
アイドラッグストア 1mg×30錠 1,780円 59.3円
くすりのエクスプレス 1mg×30錠 5,278円 175.9円
ベストケンコー 1mg×30錠 4,389円 146.3円

●購入できる最安値価格●

セット内容 価格 1錠あたり
お悩み宅急便 1mg×300錠 10,790円 35.9円
お薬なび 1mg×300錠 10,800円 36円
アイドラッグストア 1mg×150錠 3,780円 25.2円
くすりのエクスプレス 1mg×150錠 13,930円 92.8円
ベストケンコー 1mg×300錠 16,900円 56.3円

フィンペシアでガンになる!?

フィンペシアでガンになる!?

フィンペシアについて調べていると、こんな噂を耳にしたことはないでしょうか?
「フィンペシアを服用するとガンになりやすくなる」
いまでは、噂は医学的に否定されていますが、なぜこのような話がでてきたのでしょうか?

そのワケは、噂が出た当時に製造されていたフィンペシアにあります。
噂が出た時製造されていたフィンペシアにはキノリンイエローという着色料が使用されていました。
このキノリンイエローが発がん性物質なのではないかとされたのです。

キノリンイエローは、2008年に欧州で子どもの注意欠陥や多動性障害を助長させる可能性があるとして、食品への使用を自主規制されていました。
しかし着色料として使用される場合は含まれる量が少なく、少量の摂取では身体に支障はありません。

ですがマイナスな噂がたってしまった以上、今まで通りの売上は期待できません。
そこでフィンペシアの製薬会社「シプラ社」は、キノリンイエローを含まないフィンペシアの開発・販売の措置をとりました。

キノリンイエローが含まれているフィンペシアは、発がん性があると噂されていましたが、少量の摂取であれば心配ありません。
ですが、薬は信用性が命。
今では、市場に出ているほとんどすべてのフィンペシアがキノリンイエローフリーとなっているため、ガンになる心配なく服用できます。