【プロペシアの服用方法】超絶簡単な飲み方って?

AGA改善に効くプロペシア。
しかし間違った飲み方をしてしまうと、副作用が出てしまうどころか、まったく効き目を感じられない、なんてことも。

そうならないためにも、事前に飲み方を知っておくのは重要です。
基本的な飲み方から、効果をバッチリ得られる飲み方について確認しましょう。

プロペシアは1日1錠飲むだけ!

プロペシアの基本的な飲み方は次のようになります。

・1日1錠
・1錠の推奨量は0.2mg
・水またはぬるま湯で飲む
・服用タイミングはいつでもOK
・次の服用までは24時間以上あける

プロペシアは毎日1日1錠を飲むだけととても簡単。
1錠における有効成分の推奨量は0.2mgであるため、1錠1mgが含有されているプロペシアでをはじめて飲む人は、錠剤をカットして服用するようにしましょう。
ただし、摂取できる最大量は1mgであるため、0.2mgで効き目を感じないようであれば含有量を最大1mgまで増やしてください。

水またはぬるま湯で錠剤を飲むとされていますが、飲み物の干渉を受けないため、基本的にはどの飲み物で飲んでも問題ありません。
食事の影響も受けないため、食前・食間・食後のいつでも服用OK。
食事に関係のないタイミングでの服用もできます。

プロペシアの作用の持続時間は24時間です。
そのため、次の服用までは24時間以上あける必要があります。
24時間以上あけずに飲んでしまうと、体内の成分量が多くなってしまい、作用が強くなったしまいます。
作用が強くなると、副作用も出やすくなるので、気をつけましょう。

24時間以上の間隔だけ気をつけて、1日1錠を飲めばいいため、プロペシアの服用は簡単なのです。

半年飲み続けてこそ効果が出る!

プロペシアは、飲んですぐに効果が出る薬ではありません。
男性ホルモンに作用して、短くなった髪の成長期間をもとに戻すため、効き目を感じるまでに多少の時間がかかってしまいます。

治験においては、薬が有効だった被験者のほとんどが飲みはじめて6か月ほどで効き目を感じており、最短で効き目を感じられた人でも3ヵ月ほどです。

よって、プロペシアを飲みはじめて1ヵ月ほどで効果がないからと飲むのをやめてしまってはダメです。
きちんと6か月間は毎日服用しましょう。
98%の人は効果を感じられるはずです。

もし半年間服用を続けても効き目を感じられなければ、プロペシアとの相性が悪いか、AGA以外の脱毛症の可能性があります。
プロペシアの服用を中止し、別の薬に変更するか、医師に診てもらうようにしましょう。

効き目をバッチリ感じるためのプロペシアの飲み方は?

効き目UPの飲み方

基本的な飲み方を守り、半年間毎日つづけて服用すると、抜け毛や薄毛の減少を感じられます。
それだけでも十分なのですが、より効き目を感じたいという人は、飲み方を少し工夫するだけでもより効果が期待できます。

私はこの時間!毎日おなじ時間帯に!

プロペシアの持続時間は24時間です。
そのため、次の服用までは24時間以上あけなければいけません。
それを利用して飲み方を少し工夫するだけで、より効果的になるんです。

その方法とは、毎日おなじ時間に服用すること。

おなじ時間に飲むと、24時間は間隔をあけているため、作用を強くしてしまう心配はありません。
それどころか、24時間から次の服用までに間隔があけばあくほど体内のプロペシアの量が減っていき、作用も弱くなってしまいます。
しかしおなじ時間に飲むと、体内量が減りはじめるタイミングであたらしくプロペシアが追加されるため、安定した量が確保でき、一定して効き目が得られるのです。

毎日おなじ時間に飲むには、アラームをかけたり、起床直後や昼食前などの動作とセットにすることで、おなじ時間帯に服用できます。
そのうえ、時間を決めていれば飲み忘れも防げるのです。

POINT
毎日おなじ時間に服用する→安定した効果が得られる

私はこれくらい?服用量は自分にピッタリの量を!

日本人のプロペシアの推奨摂取量は0.2mgであり、最大摂取量は1mgとされています。
きちんと効果を得るためには、自分にあった摂取量が重要です。

まずは、錠剤を4等分などにして0.2mgから摂取していきますが、さほど効果が感じられないと感じたら、0.5mg→0.7mg→1mgと量を増やしていきましょう。
増やすときは、”副作用がさほどない”というのが条件です。
気になるほどの副作用があるまま増量してしまうと、体内のプロペシアの量が増えてしまい、作用が強くなり、それに伴い副作用がより強く出てしまう恐れがあるためです。

副作用の有無または強さをみながら、自分にピッタリな摂取量をみつけることで、より効果的に、そして効率的に抜け毛や薄毛を改善できます。

POINT
自分にあった摂取量を見つける→効果的・効率的に治療可能