【プロペシアとミノキシジル】併用で効率UP!

AGAを治療していると、よく耳にするのがプロペシアとミノキシジルの併用。
もちろんプロペシアだけ、ミノキシジルだけを使って治療をおこない成功している人もいますが、多くの人が併用して治療に専念しています。

それぞれ違う作用を持っていますが、お互いがお互いに作用を補助ため、併用するとより効率的な治療がおこなえるんです。
AGAの進行が深刻な人ほどプロペシアとミノキシジルの併用はオススメ。
どうやって作用を補助するのか、そして併用するにあたり注意点などはあるのかをまとめてみました。

AGAは止めて増やすが鉄則!

AGAによっておこる抜け毛や薄毛には、おおきくわけて2つの原因があります。
特定の男性ホルモンによる抜け毛の助長髪の栄養不足でおこる軟弱な髪の増量による薄毛です。

これらによる抜け毛や薄毛を治すには、特定の男性ホルモンの働きを無効化するかホルモンが作り出されるのを阻止するかして抜け毛を減らし、髪に栄養が届くようにして髪を十分に成長させて薄毛を改善するしかありません。
それをおこなえるのがプロペシアとミノキシジルの併用なのです。

プロペシアによって特定の男性ホルモンの生成を防いで抜け毛を止めミノキシジルで髪へと十分に栄養を送り届けることで丈夫な髪へと成長させて薄毛を治していくのです。

プロペシアは髪の守り神

プロペシアはどのようにして特定の男性ホルモンの生成を阻害し、抜け毛を食い止めるのでしょうか。

特定の男性ホルモンとは、DHT(ジヒドロテストステロン)といい、男性ホルモン・テストステロンに5αリダクターゼがくっつくことで、テストステロンが変化してDHTとなります。
作られたDHTは毛根にある毛母細胞と結合することで髪へと抜け落ちるように信号を出すため、DHTが増えれば増えるほど、毛母細胞と結合するばするほど抜け毛が増えるのです。

プロペシアは、5αリダクターゼの働きを邪魔する作用があり、テストステロンとくっつくのを防ぎます
すると生成されるDHTの数が減っていくため、信号を受ける髪が減り、抜け落ちる毛も減っていくのです。

ミノキシジルは髪の育成者

ミノキシジルは髪に栄養を届けますが、どのようにして届けるのでしょうか。

そもそも、髪に栄養が行き届いていないということは、頭皮を流れる血液量が少ないということです。
血液には、酸素や栄養なども含まれており、それらは髪が成長するのに必要な素材となります。
しかし、頭皮は体の末端にあるため、どうしてもほかと比べて血管が縮みやすく、血液が十分に流れにくくあります。
血管が縮むと流れる血液の量も減るため、髪が得られる栄養や酸素も少なくなってしまうのです。

ミノキシジルはこの縮んだ血管を広げる作用があります。
血管が広がるとおのずと流れる血液の量も増えるため、今までより多く髪は栄養をもらうことができ、十分に成長できます。
髪一本一本が成長できれば、頭皮が透けて見えることもなく、薄毛が改善されるのです。

併用で起こる副作用はある?

併用時の副作用

プロペシアとミノキシジルはお互の効果を補助する関係にありますが、それは結果から言えること。
作用自体は干渉することはなく、独立しているため、併用することでおこる副作用はありません。

しかし、それぞれの作用による副作用は出る可能性があります。
どちらも症状的には軽く、しばらくすると治まるため、安静にして様子を見ていれば問題ありませんが、症状が重かったり長らく続くようであれば医師の診察を受けるようにしましょう。

併用で注意することは?

併用時に注意することはいくつかあります。
それぞれ単一で使用している場合に問題なかったことも、併用することでNGになることも。
併用禁忌薬や献血などがそうです。

プロペシアには併用禁忌薬がないため、単一で服用する場合は飲んでいる薬に制限されることなく服用できます。
しかしミノキシジルには併用禁忌薬がいくつかあります。
そのため併用する時はミノキシジルの併用禁忌薬に合わせて使用しなければいけません。

また、ミノキシジル単一での使用時の献血に制限はありませんが、プロペシアはその作用から服用中は献血NGとされています。
そのため、併用している間は献血はNGとなるのです。

併用のやめ時はある?

プロペシアとミノキシジルを併用すると、抜け毛がおさまり薄毛も効率よく改善されていきます。
自分が望む程度の髪質や毛量になれば、ミノキシジルの使用をやめられます。

やめるときのコツは、徐々に使う量や頻度を減らしていくこと。
一気にやめてしまうと、いままでミノキシジルによってサポートされていた血液量が極端に減るため、再度髪が栄養不足に陥ってしまうリスクが高まります。
やめるなら様子をみながら徐々に使用を減らしていくようにしましょう。

ミノキシジルは使用をやめられますが、プロペシアは抜け毛を防ぎたい間はずっと服用していなければなりません
プロペシアによる抜け毛の原因因子DHTの発生阻害は、プロペシアを服用している間だけ可能です。
そのため、プロペシアを服用しなくなるとDHTの数が増え、抜け毛が再発してしまうのです。

自分の思い描く髪が手に入ったら、ミノキシジルの使用はやめられます。
プロペシアは現状を維持するために服用し続けなければなりません。
しかしミノキシジルとの併用がなくなるため、併用禁忌薬がなくなったりEDを並行して治療できたりとNGとされていたことが少なくなるため、負担は軽減されますよ。