【プロペシアの効果】どうやってAGAに効くの?

AGA治療となると、誰もが一度は通るのがプロペシアによる治療です。
病院でも処方されることが多いため、はじめて通販サイトから薬を買うという人の中にも聞いたことのある人は多いでしょう。

AGAに効く3大成分のうちの1つとして国内で認められているフィナステリドを有効成分に持っているため、その効き目は抜群です。
そんなプロペシアは、どうやってAGAの改善に効き目をあらわすのでしょうか?

プロペシア≒前立腺肥大症治療薬!?

【有効成分】フィナステリド

プロペシアに使われている有効成分・フィナステリドは、1991年に開発・研究がスタート。
前立腺肥大症の治療薬・プロスカーとして、1992年にアメリカで発売が開始されました。
もともと前立腺肥大症に効く成分としてフィナステリドは開発されていたのです。

それなのになぜAGA治療薬のプロペシアにも使われるようになったのか。
それはプロスカーが販売されたのちに、AGAの人への発毛が確認されたことにあります。

フィナステリドにAGAの改善効果があるとわかると、フィナステリドを使った治療薬の開発がはじまり、1997年にプロペシアがAGA治療薬としてにアメリカではじめて認められました。
その後2011年までに60か国以上で承認されており、いまではジェネリックも多く発売され、フィナステリドによる治療が手軽にできるようになっています。

POINT
前立腺肥大症治療薬=フィナステリド
AGA治療薬=フィナステリド

プロペシアはホルモンを作らせない!

ホルモンを止める!

プロペシアはAGA治療薬の1つ。
抜け毛や薄毛といった症状を改善させ、もとの元気な髪を取り戻せます。
プロペシアはどういった仕組みでAGAを改善するのでしょうか?

AGAは、男性ホルモンによって引き起こされます。
ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが、髪を作り出している毛母細胞とくっつくことで生えている髪に抜けるよう指示を出します。
とくに成長期*にある髪が大きく反応を示すため、十分に成長しないまま髪が抜けていってしまうのです。

そんなAGAを引き起こすDHTを生成するのが、男性ホルモン・テストステロンと酵素・5αリダクターゼ。
プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼに作用してテストステロンと結合するのを防ぎ、DHTの生成を阻止します。

生成されるDHTの数が減れば、命令を受けて抜けていく髪が減るため、AGAが改善されるのです。

POINT
プロペシアは抜け毛の原因である男性ホルモンの生成を抑える
→抜け毛や薄毛が減る→AGA改善!
成長期*とは?
髪が成長していく期間のこと。
髪にはヘアサイクル(毛周期)があり、細胞分裂を繰り返して成長していく成長期、神尾成長が止まって頭皮から抜け落ちる退行期、抜けて次の髪が生えるまでの休止期を繰り返しています。

プロペシアは大手製薬会社「MSD社」製!

プロペシアは1891年から続く老舗の製薬会社MSD(メルク)社から販売されています。
現在は世界2位の売上を誇っており、1990年代には世界トップの座に君臨していた経歴を持っています。
アメリカに本社があり、140カ国以上に支店などをおき世界中で事業をおこなっています。

睡眠薬やED治療薬、がん治療薬など、研究の幅が広く、それぞれのジャンルでさまざまな新薬を開発・販売しています。

輝かしい経歴と豊富な実績を持っているMSD社から販売されているプロペシアは、安心して効果が得られ、そんなプロペシアをもとに開発されたプロペシアジェネリックもまた同様の効き目が得られるのです。

POINT
プロペシアの開発・販売会社は世界的な製薬会社MSD社