CATEGORY

フィナステリド通販でラクにAGAを阻止する!

フィナステリドで楽に治療!

薬は新薬よりもジェネリックのほうが安いもの。
フィナステリドを使うなら、病院よりも通販サイトからジェネリックを購入したほうがもっとお財布に優しくAGA治療ができます!

商品名 セット内容 価格 1mgあたりの最安値 購入リンク
プロペシア 28~84錠 (1mg) 7,730~20,090円 239.1円

購入

フィナックス 30~150錠 (1mg) 1,570~7,100円 47.3円

購入

フィンサバ 30~90錠 (1mg) 1,340~3,640円 40.4円

購入

エフペシア 100~300錠 (1mg) 4,940~11,870円 39.5円

購入

フィンペシア 30~300錠 (1mg) 1,340~10,790円 35.9円

購入

フィナクス 30~360錠 (1mg) 1,270~12,590円 34.9円

購入

プロスカー 28~84錠 (5mg) 4,310~11,650円 27.7円

購入

フィナスト 30~90錠 (5mg) 2,930~7,930円 17.6円

購入

フィンカー 30~300錠 (5mg) 2,690~21,590円 14.3円

購入

>>ジェネリックとはなにかを知りたい人はコチラ!

プロペシアジェネリックは通販サイトと病院から買える!

病院や通販サイト*では、フィナステリドを有効成分に使った新薬のプロペシアと、それをもとに作られたプロペシアジェネリックが購入できます。
それぞれを使ってかかる1か月(28~30日)の治療費はいくらになるのでしょうか?

  薬代 その他費用 合計 お得順位
通販 プロペシア (28錠) 約7,400円 送料:1,000円 約8,400円 3
ジェネリック (30錠) 約2,400円 送料:約1,000円 約3,400円 1
病院 プロペシア (28錠) 約7,800円 診察代:約3,000円 約10,800円 4
ジェネリック (30錠) 約4,700円 診察代:約3,000円 約7,700円 2

病院から処方される薬は、薬代にプラスして診察料約3,000円が出ます。
プロペシアの場合は、約7,800円に診察代がプラスされて合計約10,800円、ジェネリックは約4,700円の薬代に診察代をプラスして約7,700円。

通販サイトから購入する薬は、薬代に約1,000円の送料が加算されます。
プロペシアの場合は、約7,400円に送料が合わさって約8,400円、ジェネリックは約2,400円に送料が加えて約3,400円。

かかる治療費は通販から購入するジェネリックが一番安く、病院ジェネリック、通販プロペシア、病院プロペシアと高くなっていきます。
やはり、新薬よりはジェネリック、病院よりは通販を選択したほうが断然お得に治療できるのです。

*通販サイトとは?
ここでは、海外から個人輸入をして商品を購入する代行通販サイトのこと。
Amazonや楽天といった国内通販ではない。

国産ジェネリックの価格はどのくらい?どんな種類があるの?

ページの冒頭で、通販サイトから購入できるプロペシアジェネリックを紹介しました。
それらはすべて海外製のジェネリック。
日本製のジェネリックにはどういったものがあるのでしょうか?

  製薬会社 価格 1錠あたり
フィナステリド錠1mg「トーワ」 (30錠) 東和薬品 約4,700円 約156.6円
フィナステリド錠1mg「SKI」 (30錠) 小林化工 約4,000円 約133.3円
フィナステリド錠1mg「ファイザー」 (28錠) ファイザー 約5,300円 約189.2円
フィナステリド錠1mg「FCI」 (28錠) 富士化学工業 約4,300円 約153.5円
フィナステリド錠1mg「サワイ」 (28錠) 沢井製薬 約4,100円 約146.4円

日本製のジェネリックは、「成分名+含有量+製薬会社名」で表記されます。
これらの商品以外にも日本製のジェネリックはありますが、取り扱いが多いのはこれら商品です。
日本製のジェネリックは、厚生労働省から認可をもらているため、病院処方が可能。
しかし、海外での取り扱いはほとんどありません。

フィナステリドはこんな人にオススメ!

フィナステリドを含んだ薬は国内外に多くありますが、それぞれどんな人にオススメなのでしょうか?

病院プロペシア

・医師としっかり相談して薬を使用したい人
・より多くの実績がある治療薬を服用したい人

病院ジェネリック

・医師としっかり相談して薬を使用したい人
・治療費を少し抑えたい人
・治療薬の選択肢を増やしたい人

通販プロペシア

・安く病院でも処方されている治療薬を購入したい人
・すきま時間を使って簡単に入手したい人

通販ジェネリック

・できるだけ安く治療薬を使用したい人
・治療薬に多くの選択肢がほしい人
・すきま時間を使って簡単に入手したい人

新薬(プロペシア)・ジェネリック・病院処方・通販購入それぞれのメリットをきちんと把握して、自分にあった治療薬を選びましょう。

>>それぞれのメリットを詳しく知りたい人はコチラ!

フィナステリド配合の薬ってどんな薬?

フィナステリドの薬ってなに?

プロペシアやプロペシアジェネリックは、どちらも有効成分におなじフィナステリドを配合しています。
そのため、効果や安全性などはすべて同等

そこで、フィナステリドを配合している薬についてみていきましょう!

フィナステリドの効果とは?

フィナステリドは、AGAの改善に効く成分です。
AGAの原因である男性ホルモンの生成を防ぐ作用があります。

日本皮膚科学科のAGA治療ガイドラインでは、フィナステリド内服薬の有用性はA評価(行うよう強く勧める)とされるほど、効果的なのです。

>>フィナステリドの効果について詳しくはコチラ!

フィナステリドの副作用とは?

フィナステリドは男性ホルモンに影響をあたえる治療薬です。
そのため、副作用は性に関する症状がほとんど。
重篤な副作用ではフィナステリドの代謝をおこなう肝臓の機能障害があります。

副作用の症状について事前知識があるのとないのとでは、いざという時の対処に違いが出てきます。
焦らず適切な対応が取れるように、服用前にフィナステリドの副作用について知っておきましょう。

>>フィナステリドの副作用について詳しくはコチラ!

フィナステリドの服用方法とは?

フィナステリドの飲み方はとても簡単です。
1日1錠を好きなタイミングで飲めばOK。
期間をあけず毎日服用するため、めんどうくさがりな人でも継続可能です。

服用の仕方次第では、最大限の効果が得られたり、逆に効果が薄くなってしまうことも。
そうならないためにも、正しい服用方法を学びましょう。

>>フィナステリドの服用方法について詳しくはコチラ!

フィナステリドの注意点とは?

基本的には、フィナステリドの効果・副作用・服用方法がわかれば薬を使用できます。
しかし、取り扱いが簡単だからといって、危険がないわけではありません。
フィナステリドも医薬品の1つであるため、間違った取り扱い方法では最悪の場合命にかかわってきます。

フィナステリドの注意点についても確認しておきましょう。

>>フィナステリドの注意点について詳しくはコチラ!