高級時計のメンテナンス|専門の業者でオメガのオーバーホールを行おう|長く使い続ける為に

専門の業者でオメガのオーバーホールを行おう|長く使い続ける為に

男性

高級時計のメンテナンス

スーツの男性

正規の窓口に依頼しよう

ロレックスは高級腕時計の代名詞と言っても過言ではないブランドですが、販売されている商品はいわゆる機械式時計であるため、定期的なメンテナンスが必要になっています。この機械式時計のメンテナンスをオーバーホールと呼びます。オーバーホールとは、内部構造で生じた汚れを綺麗に落したり、経年劣化が生じてしまったパーツを交換したり、ケースを研磨するといった作業を行うことによって、新品同様の状態に戻してもらうメンテナンス作業なのです。このオーバーホールは、それぞれのブランドの修理窓口はもちろんのこと、街の時計店などにも依頼することが可能になっていますが、ロレックスの腕時計の場合には、正規の修理窓口である日本ロレックスに依頼するのがよいでしょう。

長期間においてパーツ保持

ロレックスのオーバーホールを正規の修理窓口である日本ロレックスに依頼したい理由としては、日本ロレックスでは、たとえ製造が中止されている商品であったとしても、中止から30年以内に製造された時計のパーツが全て保管されているためという理由を、一番大きな理由として挙げることが可能になっています。つまり現行モデルだけではなく、一昔前の古いモデルであったとしても、オーバーホールを依頼した際に、ダメになっているパーツを正規の物と交換してもらうことが可能になっているのです。これによって、たとえ動作しなくなってしまっている商品であったとしても、全く時計の価値を落とすことなく、綺麗で問題なく動作する状態に戻してもらうことができます。ロレックスの腕時計は、中古市場においても相場が高額な範囲で安定していることで広く知られていますが、単純な人気だけではなく、こういったメンテナンスに力を入れているブランドであるといった理由も大きく関係しているのです。